2008/04/13

空からニシンが降ったその日
ひょっこりと死んだはずの祖父が

 ゆで卵を力強く潰していくと、一面に霧だか湯気だかが立ちこめる。ベルゼブブの登場だ。

 ~ヨシフ・サドーフニコフ『トナカイ村』

0 件のコメント :