2008/04/16

これでブンガクに目覚めました

 斉田は照れて、掌で机の表面をごしごしこすりながらいった。「あの、タ、タ、タイム・マシンを発明」
「ワハハハハハ」おれは腹をかかえた。


 ~筒井康隆『笑うな』

0 件のコメント :