2008/04/28

証に応じて用いないといけないゾ

 風邪には葛根湯。痔には乙字湯。蕁麻疹には十味敗毒湯。肝機能障害には小柴胡湯、ただしインターフェロンは併用しないで。神経性胃炎なら半夏瀉心湯。吐血なら黄連解毒湯。初期のインフルエンザなら麻黄湯。咽喉の渇きと火照りには白虎加人参湯。寒くて頭痛いなら当帰四逆加呉茱萸生姜湯で決まり。

 ~津村麻琴『とどけ、漢方少女ジャスミン』

0 件のコメント :