2013/04/30

かに道楽に行ってきた


「かに道楽」に
初めて行ってみました
結構前になります


カニ好きなんですが
あまり食べないですよね
まず
出会う機会がない
恵んでくださる方もなく
何かのはずみで
口に入る時には
ありがたく頂く感じで

「そんな俺たちだったけれど、
たまには
積極的に
前のめりに……
かに、食べに行こうかに!」
ということになり

はじめは
日本海カニ日帰りバスツアー
みたいな
よくあるのに
参加してみようか
という話だったんですが

俺たちの目的は「かに」!
それ以外の温泉とか土産物屋とか
連れて行かれるの
そういうの
要らない
ということになり

じゃあ
ナニワの聖域「かに道楽」へ
行ってみますか!
みますかに!
ということになったわけです

関西圏以外の方は
大阪に住んでる人なら
「かに道楽」なんて毎日行ってるんでしょ
お馴染なんでしょ何かっていえばカニ道楽でしょ
などと思うかもしれませんが
基本行かないですよ!
あんなでっかいカニ
ちょっと恥ずかしいですよ
下くぐるの

ぶっちゃけ
どうなんでしょうね
観光のお客さんが多いんじゃないでしょうか?
リアルにだと
大阪の人は宴会なら「がんこ」とか
行くんじゃないですかね
しらんけど

そんなこんなで
近くて遠いナニワのシンボル
どうせなら
道頓堀本店やで!
ということで
ふらりと訪れてみました


あのまじまじと見ると
怖くなる巨大なカニの下をくぐり
観念して静かにしてるカニたちが
ガッサガサいる生け簀のわきを抜けて
エレベータで4階
堀こたつの座敷へ案内される
ちょうど綺麗になった道頓堀川を
眼下に望む窓際の席で
いい感じ
観光地のもてなしやで
道頓堀
普段は人が多すぎて近寄りません

久々に遠くから眺めると
随分綺麗になったなあという印象

「俺たちはカニといえば
カニ味噌だよ!」を合言葉にしていて
かつ
いろいろ一通りたべたいよ
ということで
お料理は
かに会席「松濤」を


「かに酢」
ボイルしたカニをやさしい酸味で頂くよ!


「かにの脚造り」
カニのお造り、食べてみたかった、甘いよ!


「かに茶碗蒸し」
カニのお出汁で、ええ感じよ、百合根も銀杏も!


「かにほぐし身甲羅焼」
これを待っとった! 蟹味噌を焦がすか焦がさんかの
タイミングで頂くよ! 結局待ちきれず
下の固形燃料が残ってしまい、中身がなくなってしまったから
甲羅だけがめちゃめちゃ真っ黒に焦げたよ!


「焼タラバかに」
焼きガニも美味かったで、レモンも添える! 搾る!


「かに寿司」「吸物」
カニをバッテラにやて!? 工藤!?


あかん、美味いて工藤!
……あとデザートのフルーツもついてました
普通だったので写真とらず
ああ
がんばって紹介してたら
最後の方でいつのまにか
服部平次になってたこと
すいませんでした
(分からない方には、なおのことです。すいませんでした)


まあ
もちろんお値段はそれなりにしましたが
その分だけ
もちろん美味しかったです
あんなでっかいカニ
店前にひっさげてるだけはあるなあ
いろいろな食べ方でカニ道楽できたで
という感じでした

帰りに
かにみそ缶2つ
買って帰りました

行ったことなかったけれど
「かに道楽」
結構よかったです

0 件のコメント :