2015/01/14

音がする 狐じゃないよ フォニックス


英語は「音」から
まず入ったほうがいい
すべての基礎になってるから
らしい

僕の場合
英語の必要性が
そもそも
人前で落語を『話す』
だったので
たまたまだけど
まず英語の「音」について
勉強を始めた
とにかく
丸覚えであったとしても
少なくとも聞いてる人に
「英語を発している・話している」と
認識してもらわないと
何も始まらないわけで

英語の発音の基礎
みたいな本で
1つ1つ
どんな音があるのか
こつこつと
稽古に入る前に毎回やっている
やってる間に
時間がなくなって
あせりながら
本来覚えるべき落語を
詰め込むことになってしまうのだが

発音記号
は覚えなくていい
みたいな意見もあるけど
確かに英語圏の赤ちゃんは
あんなものを覚えなくても
覚えていくんだけど
我々は英語以外の言葉を母語として
覚えてしまっているので
使えるものは使うべきだろう
日本語にない音を
意識できるから

それと
イントネーションや
英語特有の癖
独特の音の繋がり方とか
子音が並ぶと消えるとか
もなかなか難しい
一通り
まずだいたいの感じを
頭にいれるべきだろう

あとは
「フォニックス」
というのを一度通過しておいたら
いいのではないかと思ってる
日本じゃセンター試験で
発音の例外ばかり選ばされて
覚えさせられるはめになるんだけど
そもそも
そこには例外じゃない
普通はこう読む
というのがあるわけで

「フォニックス」というのは
こういう音は基本
こう綴る
逆にいうと
こうアルファベットで綴ってあるなら
こう読む
みたいな法則をまとめたもの

英語が母語の子供は
もちろん先に言葉を
音から覚えて
それから綴り方を勉強する
やっぱり難しいらしい
英語って
アルファベット=表音文字
を使うくせに
同じ音でも綴り方が
その単語単語でまちまちだから
その時に使うのが
「フォニックス」


僕らは基本
教科書をまず渡されるので
綴り方から入って
あとからそれを
どう発音するのか覚える
だから
「フォニックス」を逆に使う感じだ

本来は
こう発音してるね
それは大方
こんな感じで
アルファベットで書くんだよ
というのを
こうアルファベットで書いてあるね
それは大方
こんな感じで発音するんだよ
と逆方向で
利用するという具合

もちろん
例外も多いし
つまるところ単語は1つ1つ
覚えていくしかないんだけれど
「フォニックス」
知ってるか知ってないかで
その負担が
随分違うように思う


CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK (アスカカルチャー)
これとか読んでも


アメリカの子供が「英語を覚える」101の法則 (講談社+α文庫)
これは文庫本で手軽に読める

英語の「音」については
僕らが学生の頃に比べて
本当に身近になったと思う
インターネットは本当に
世界を変えた
本でも今じゃCDやDVDが
普通に付いてくるし

僕の頃は
英語の授業時間の最初に
カセットテープを聞かされて
それっきり
それじゃあ全く足らんわけで
本当に
音が聴ける
本当の
音が聴ける
というのはちょっと前まで
非常に難しかった
たまたま外国の人が近所にいた
近くで英語塾やってた
ちょっと語学留学できた
とかで恐ろしい差がついたりで
メディアの発達というのは
ありがたいもんですよ
僕にとっても
学生時代から何十年と経った
今頃になって
英語やってみようかなと
思うようになったのは
これが非常に大きいです

まあ今現在も
1mmも発音できてるとは
思えないレベルなんですが




0 件のコメント :